2009年02月11日

SESSIONS(セッションズ)

SESSIONS(セッションズ)はゲレンデででの遭遇率もかなり高い人気のスノボーウェアブランドです。

昔はスノーボードウェアというものがなく、ボーダー達はスキーウェアで滑っていました。

その頃にボード用に作られたウェアをと誕生した老舗ブランドがSESSIONS(セッションズ)です。
posted by スノーボード ウェア at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

2008年12月10日

TRITON(トライトン)

TRITON(トライトン)は、REWの姉妹ブランドです。

REWと同じくホームページも無く、量販店での販売もないので知る人ぞ知るというブランド。

ネットでも僅かながら見かけることはありますが、プロショップ(専門店)のネット店だけでの扱いとなっていてプレミアム感があるウェアです。

REWは派手目なデザインが中心ですが、TRITON(トライトン)は落ち着いた色使いで派手すぎず地味すぎずの絶妙なデザインで、派手なウェアが苦手な人や大人なフリースタイラーにおすすめです。
posted by スノーボード ウェア at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

2008年12月06日

バートン White Collection(ホワイトコレクション)ウェア

バートン White Collection(ホワイトコレクション)ウェアは、トリノオリンピック、ハーフパイプ金メダリストショーン・ホワイトのシグネチャーモデルです。

ハーフパイプのみならず、スロープスタイルなどあらゆるシュチュエーションで驚異的なライディングを見せるショーン・ホワイトが選んだウェアがWhite Collection(ホワイトコレクション)です。


posted by スノーボード ウェア at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

2008年10月03日

BURTON RONIN(バートン ローニン)

RONIN(ローニン)はバートンの高品質なウェアにストリートウェアのデザインが融合。

見た目は普通のジャケットのようなデザインでも、中身は紛れもなく高機能スノーボードウェアです。

スタイリッシュなウェアを求める人にはBURTON RONIN(バートン ローニン)でしょう。

バートン RONIN(BURTON RONIN)

posted by スノーボード ウェア at 03:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

2008年10月01日

バートン AK

バートンのAKはバートンスノーボードウェアのトップラインです。

バックカントリーでの使用も考えられていて、バートンのウェアの中で、最も機能性が高いのがAKです。

悪天候でも体を濡らさない高い対水圧にハイクアップでかいた汗を素早くウェア外に逃がす透湿性の為にゴアテックスなどの高機能素材を用いて作られています。

スノーボード(スノボー)ウェアに欠かせない、耐水性と透湿性、これらの機能を高い次元で実現しているのがAKのウェアです。

従来のバートンAKのウェアは、高品質で大人向けな印象で、スノーボード(スノボー)ウェアというよりもアウトドアウェアといったような地味なデザインの物が多かったので、若い年代のボーダーが着ているのは珍しいものでしたが、08/09モデルのバートンAKはデザインを一新して流行を取り入れたものが多く出てきました。

”これがAK!?”と驚くようなカラーも見られます。

高機能とデザイン性が融合された今期のバートンAKのウェアは見逃せません。

ショップページで08/09モデルのAKをチェック!
posted by スノーボード ウェア at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

2008年09月30日

バートン(BURTON)

バートンは言わずと知れたスノーボード界のスタンダードブランド。

バートンはボード、ビンディング、ブーツなどのハードから、ウェア、プロテクター、小物まで、スノーボード(スノボー)用品なら何でも揃います。

しかも、それらのバートンのアイテムは全てが高い品質で、多くのユーザーの支持を集めています。

価格も安いものから高い物まで幅広く揃い、スノーボード(スノボー)初心者から上級者まで誰もが満足するウェアが見つかります。

バートンのスノーボード(スノボー)ウェアは4つのラインに分かれています。
『BURTON』『AK』『RONIN』『White Collection(ホワイトコレクション)』です。

その他に姉妹ブランドの『ANALOG(アナログ)』のウェアもあります。

それぞれのラインの詳細については別ページにて。

・BURTON(バートン)
AK(エーケー)
RONIN(ローニン)
White Collection(ホワイトコレクション)
posted by スノーボード ウェア at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

REW

REWのウェアはコアなボーダーからの人気が高いブランド。

REWはホームページを持たないブランドで謎が多いスノーボード(スノボー)ウェアとして知られています。

その特徴はなんといっても『カッコイイ』の一言に尽きます。
REWらしさともいえる大胆な色使いと完璧なシルエットには脱帽です。

ウェアの生産数も少なく、量販店で見かけることはなく、限られたショップでしか手に入らないためREWのウェアを着ているボーダーは、スノーボード(スノボー)通として見られるでしょう。
posted by スノーボード ウェア at 21:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェア紹介

2008年09月10日

スノボーウェアの選び方

スノーボード(スノボー)は、冬の厳しい季候の中で行なうスポーツです。

快晴で気持ちよく快適に滑走できるのが最高ですが、いつも晴れているばかりではありません。

雪が降っている時もあれば、吹雪いている場合もあります。

スノボーウェアは晴れて暖かい時も吹雪いている時でも快適なウェアがあればスノーボードがより楽しくなるものです。

そんなスノボーウェアに必要なのは単純な暖かさではありません。

スノボーは運動と休止を繰り返します。動けば汗をかきますが、休めば、その汗は冷たくなり体を冷やす事になります。

スノボーウェアには、汗をかた時に蒸気を素早くウェアの外に放出する透湿性と外部からの水の浸入を防ぐ対水性が両立された機能が必要です。

スノボーウェアのカタログなどには、対水圧10000mmや透湿性10000g/m2/24hrsなどと数値で書かれています。
この数値が大きいほどその機能が優れているということです。

現在のウェアは、対水圧5000mm〜20000mm、透湿性5000g〜20000g位の数値を持ったものが中心です。

対水圧10000mm、透湿性10000g/m2/24hrs以上のウェアを選ぶと快適だと思います。
posted by スノーボード ウェア at 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | スノボー ウェアの選び方